HOMENEWSEnglish
不動産/借地借家/マンション賃貸トラブル相談|多湖・岩田・田村法律事務所
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4
宮ビル4階・5階(受付)
電話 03-3265-9601
FAX 03-3265-9602

info@tago-law.com
事務所紹介弁護士紹介取扱業務ご依頼方法と費用不動産相談
当事務所の弁護士
弁護士・事務職員募集(求人)


 当事務所の弁護士 (2017.9.11現在)
 *所属弁護士の構成は変動することがあります



代表:03-3265-9601
tago@tago-law.com
↑初回30分無料法律相談
(土日・祝祭日・夜間対応可)
 弁護士 多湖 章(たごあきら)
2001年 早稲田大学政治経済学部卒業
2006年 中央大学大学院法務研究科修了(法務博士)
2006年 司法試験合格
2007年 弁護士登録(第一東京弁護士会
2007年 都内法律事務所にて勤務(アソシエイト)
2010年 多湖総合法律事務所 設立
2011年 多湖・岩田・田村法律事務所 設立
<所属・活動実績>
中央大学法科大学院 実務講師
第一東京弁護士会 不動産取引法研究部会員
日本不動産仲裁機構ADR(裁判外紛争解決)センター(平成29年3月15日法務大臣認証第151号)登録弁護士
日本司法支援センター(法テラス) 医療相談専門員
経済産業省「中小企業経営革新等支援機関」認定弁護士
入国管理局 申請取次者 *(東)弁13第148号1320137001481
<執筆・監修>
大学・短大・中高・幼稚園対応 教育機関のための改正労働契約法Q&A(共著・学校経理研究会2013年8月)
現場を経験して初めて分かった 建物明渡強制執行のポイント(レガシィ2014年3月)
賃貸人・不動産オーナーが喜ぶ 立退・明渡交渉を有利に進める実務(レガシィ2014年12月)
修繕か改築か? 判断の難しい借地権トラブル 借地権者側の対処法(レガシィ2016年1月)
借家の立退料の相場観と減額方法 不動産オーナーに喜ばれる提案手法(レガシィ2016年8月)
不動産オーナーと法律顧問契約を結ぶための仕組み(レガシィ2017年8月)
<主要取扱分野>
不動産取引法案件全般
会社倒産・清算・破産案件
知的財産法案件(商標・著作権)
外国人出入国管理法案件




直電:03-3265-9603
FAX:03-6380-8386
attorney-iwata@kni.biglobe.ne.jp
建築部門WEBサイト
 弁護士 岩田充弘(いわたみつひろ)
1998年 慶應義塾大学法学部卒業
2006年 中央大学大学院法務研究科修了(法務博士)
2006年 司法試験合格
2007年 弁護士登録(東京弁護士会
2007年 都内法律事務所にて勤務(アソシエイト)
2011年 多湖・岩田・田村法律事務所 設立(パートナー)
<所属・活動実績>
・東京弁護士会 建築紛争専門名簿登録弁護士
・マンション学会会員
・もと大田区公害健康被害等審査委員
<執筆・監修>
・「遺言代用信託と後継ぎ遺贈型受益者連続信託の検討」(法律実務研究第25号)
・「高齢化社会を豊かに生きるための不動産の管理と運用−リーバスモーゲージ・任意後見・民事信託−」(法律実務研究第26号)
大学・短大・中高・幼稚園対応 教育機関のための改正労働契約法Q&A(共著・学校経理研究会2013年8月)
<主要取扱分野>
・建築(不動産)
・IT関連法務
・フランチャイズ
・介護施設等の予防・紛争実務
・企業法務全般




直電:03-6272-5922
FAX:03-6261-2023
yu@tamura-law.com
経営労務部門WEBサイト
労働審判WEBサイト
 弁護士 田村裕一郎(たむらゆういちろう)
1998年 慶應義塾大学法学部卒業
2000年 司法試験合格
2002年 弁護士登録(第一東京弁護士会
2002年最大手法律事務所にて勤務(アソシエイト)
2008年University of Virginia School of Law卒業(LL.M.)
2008年Quinn Emanuel Urquhart Oliver & Hedges, LLP(現Quinn Emanuel Urquhart & Sullivan, LLP)(Los Angeles)勤務
2009年最大手法律事務所に復帰
2011年多湖・岩田・田村法律事務所 設立(パートナー)
<所属・活動実績>
・ニューヨーク州弁護士
・米国公認会計士(USCPA inactive)
<執 筆>
合同労組への対応(労働調査会)
未払残業代請求への解決策と予防策(労働調査会)
「従業員のソーシャルメディア不適切利用対策に役立つ社内規程例と企業の対応」(日本法令『ビジネスガイド』2013年2月号)
「あなたの会社もご用心!未払残業代請求の内容証明郵便にはこう対処せよ」(日本実業出版社『企業実務』2015年1月号)
「『同一労働同一賃金推進法』の内容と影響を読む」(日本実業出版社『企業実務』2015年12月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【新連載】固定残業代に関する確認合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年1月号)
「退職勧奨 どのような対応が必要!? 退職勧奨を契機として精神疾患等を主張されたら」(日本法令『ビジネスガイド』2017年2月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第2回】退職合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年2月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第3回】内定時の秘密保持誓約書」(日本実業出版社『企業実務』2017年3月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第4回】研修費用に関する合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年4月号)
「長時間労働、労災、残業代請求…様々なリスクが!『つながらない権利』に関する社内ルールの定め方」(日本法令『ビジネスガイド』2017年5月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第5回】健康診断等受診命令書・要請書」(日本実業出版社『企業実務』2017年5月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第6回】試用期間延長通知書」(日本実業出版社『企業実務』2017年6月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第7回】改善指導書」(日本実業出版社『企業実務』2017年7月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第8回】休職命令書」(日本実業出版社『企業実務』2017年8月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第9回】配転命令書兼同意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年9月号)
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・訴訟・仲裁・調停・交渉など紛争解決全般
・海外取引、M&A、企業買収など企業法務
・未払残業代請求対策、労働審判、労働組合対策、労基署対応など労働法全般



 弁護士 古田裕子(ふるたひろこ)
2008年 東京大学法学部卒業
2010年 東京大学法科大学院修了(法務博士)
2010年 司法試験合格
2011年 弁護士登録(第二東京弁護士会
2012年都内法律事務所にて勤務(アソシエイト)
2013年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<執筆・監修>
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【新連載】固定残業代に関する確認合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年1月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第2回】退職合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年2月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第3回】内定時の秘密保持誓約書」(日本実業出版社『企業実務』2017年3月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第4回】研修費用に関する合意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年4月号)
「長時間労働、労災、残業代請求…様々なリスクが!『つながらない権利』に関する社内ルールの定め方」(日本法令『ビジネスガイド』2017年5月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第5回】健康診断等受診命令書・要請書」(日本実業出版社『企業実務』2017年5月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第6回】試用期間延長通知書」(日本実業出版社『企業実務』2017年6月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第7回】改善指導書」(日本実業出版社『企業実務』2017年7月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第8回】休職命令書」(日本実業出版社『企業実務』2017年8月号)
「労務トラブルを防ぐ『書式』の作成と活用法【第9回】配転命令書兼同意書」(日本実業出版社『企業実務』2017年9月号)
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・企業法務全般



 弁護士 河原 緑(かわはらみどり)
2008年慶應義塾大学法学部卒業
2011年早稲田大学法科大学院修了(法務博士)
2012年司法試験合格
2013年弁護士登録(第一東京弁護士会
2013年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<所属・活動実績>
第一東京弁護士会 成年後見委員会委員
<執筆・監修>
第一東京弁護士会成年後見センター編『Q&A成年後見の実務』(共著・新日本法規)
<主要取扱分野>
・不動産取引法案件全般



 弁護士 上村遥奈(かみむらはるな)
2011年早稲田大学法学部卒業
2013年東京大学法科大学院修了(法務博士)
2013年司法試験合格
2014年弁護士登録(第一東京弁護士会
2014年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<執筆・監修>
「『同一労働同一賃金推進法』の内容と影響を読む」(日本実業出版社『企業実務』2015年12月号)
「【実務よろず相談室】名札の着用義務付けに問題はあるか」(日本実業出版社『企業実務』2016年3月号)
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・企業法務全般



 弁護士 柴田政樹(しばたまさき)
2011年明治大学法学部卒業
2013年明治大学法科大学院修了(法務博士)
2013年司法試験合格
2015年弁護士登録(第一東京弁護士会
2015年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<執筆・監修>
「【実務よろず相談室】合同労組からの団体交渉の申入れがあったら」(日本実業出版社『企業実務』2016年1月号)
「退職勧奨 どのような対応が必要!? 退職勧奨を契機として精神疾患等を主張されたら」(日本法令『ビジネスガイド』2017年2月号)
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・企業法務全般



 弁護士 山本幸宏(やまもとゆきひろ)
2011年神戸大学法学部卒業
2013年関西大学法科大学院修了(法務博士)
2013年司法試験合格
2015年弁護士登録(第一東京弁護士会
2015年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<執筆・監修>
「【実務よろず相談室】経営不振の取引先から商品を引き揚げたいが・・・」(日本実業出版社『企業実務』2016年2月号)
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・企業法務全般



 弁護士 井上紗和子(いのうえさわこ)
2012年 大阪大学法学部卒業
2014年 京都大学法科大学院修了(法務博士)
2014年 司法試験合格
2015年 弁護士登録(第一東京弁護士会
2015年多湖・岩田・田村法律事務所に入所(アソシエイト)
<執筆・監修>
裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務(共著・日本法令2017年9月)
<主要取扱分野>
・企業法務全般


Copyright © 2011 TAGO IWATA& TAMURA. All Rights Reserved.